Two hats

Design + technologies

node.js事始め


そろそろサーバーサイドも勉強しはじめないとなーということで、最近話題になっているnode.jsに取り掛かってみることにしました。
サーバーサイドの言語は色々ありますが、今まで勉強してきたJavaScriptで書けるという安易な発想で node.jsを選びました。まずはmacの環境でnode.jsを始める手順をメモとして書いて行きたいと思います。

 

1.インストール

まず、node.jsのサイトでインストーラーをダウンロードします。ダブルクリックでインストーラーが起動し、手順に沿って進めていくだけです。
http://nodejs.org/

node.jsとnpm(node package module)というのがインストールされます。完了したら、ターミナルを開いてnode.jsが正常にインストールされているか確認しましょう。

node -v  v 0.8.14

などとバージョンが表示されればOKです。


2.ターミナルでのフォルダ移動

node.jsを動かすにはプログラムのファイルがあるフォルダが分からないといけません。まず、ターミナルで「cd 」と入力します。cdはChange directoryの略で、最後にスペースが必要です。

入力したら、Finderでプログラムのあるフォルダを開きます。そして図のようにウィンドゥ上部のフォルダアイコンをターミナルへドロップ。すると、そのフォルダのパスが入力されます。あとはEnter押すだけでフォルダ移動したことになります。

 

3.nodeの起動方法

nodeを起動するには下記のように指定します。(もちろんプログラムファイルは何かしらあるという前提で)

node index.js

 

4.nodeの終了

ターミナルでControl+Cを押します。(⌘じゃないよ)

5.変更があったら再起動モード

開発中は何度もソースコードを書きなおして、その都度nodeを再起動させる必要があります。めんどくさいっすね。でも、下記の記事にあるようにnode-devをインストールすると、ファイルを上書きするたびにnodeを再起動してくれます。コレは便利!

node.jsのプログラムを自動で再起動してくれるnode-devコマンド


勉強サイト

自分もこれから読みますが、よさそうだなーってのをリストアップしています。

Nodeビギナーズブック
node.jsインストールした後、すぐに取り掛かったほうがいいのはこのページかなと思います。ステップバイステップで易しく説明してあり、最終的には簡単な画像のアップローダーを作ります。

Felix's Node.js Style Guide
nodeだけにかかわらず、JSでの書き方の解説です。

基礎から学ぶNode.js
node.jsの概要からフレームワークやHeroku、Cloud9 IDEなどの使い方を解説しています。サーバーサイド初心者の自分にはちょっと難しいかも。


まだまだ日本語のドキュメントが多くありませんが、そこは英語の勉強と捉えてがんばります・・・。Webサイト見ながら英語の勉強には下記のChrome拡張がオススメですよ。なんつて。
ちょこっと暗記