読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two hats

Design + technologies

大量のダミー画像を生成するイラレ用スクリプト

久々にイラストレーター用のスクリプトを作成しました。今回のスクリプトはダミー画像を大量に作るというスクリプトです。

大規模なシステムのソフトウェアのリニューアルの案件などで稀に、刷新される新しいデザインに沿った画像ができあがるまで既存の画像やダミー画像で代用しプログラムを進めておくといったことが発生します。

従来と全く同じ大きさ、拡張子の画像でよければ既存の画像がそのまま使えるのですが、基礎となる部分のレイアウト変更などを行うと全体的に画像の大きさを見直さなければならないといった状況に陥ってしまいます。その際、まずはダミー画像を用意しておきイラストやアイコンが出来上がったら最終版に差し替えるといったことを行います。

小規模なシステム(画像数十個)であれば人力でなんとかなりますが、大規模(画像数百個)になるとなかなか骨の折れる作業になってしまいます。そこで大量にダミー画像を作れるスクリプトを作成してみました。

www.dropbox.com

Githubにもアップしています。

github.com

使い方

このスクリプトを利用するまえに、書き出したい画像の情報(ファイル名・サイズなど)を記したCSVファイルを作る必要があります。CSVは次の順に沿ってデータを格納します。

  1. ファイル名
  2. 拡張子png, gif, jpg, svg
  3. 横幅(px)
  4. 縦幅(px)
  5. 背景色(HEX、任意)
  6. 画像上にのせる文字(任意)

残念ですがbmpには対応していません。bmpが良い場合は一度pngなどに書き出してから他のソフトでbmpに直す変換をかけてください。 背景色は任意です。指定しない場合はライトグレー「#CCCCCC」で塗ります。 文字も任意です。指定しない場合は黒文字でファイル名を記載します。 (目視でファイルが正しく使われているか確認できるように、ファイル名を表示することにしてみました)

CSVファイルは次のような見た目になるかと思います。

f:id:two-hats:20160525004113p:plain

スクリプトを実行するとダイアログボックスが表示され、そこで先ほど作成したCSVファイルを指定すると大量の画像を書き出します。

Windowsillustratorだと短い時間で大量の画像を作成することができますが、macだとWindowsと比較してもかなり長い時間がかかることがあります。

ライセンス

このスクリプトはMITライセンスにしていますので無料で利用できますが無保証です。多くの人がillustratorをより便利に使ってもらえれば幸いです。