読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two hats

Design + technologies

llustratorでUIデザイン:縦横サイズ書出しスクリプト

縦横サイズを書出してくれるスクリプトを作成しました。

縦横サイズ.jsx

インストール、実行は前回の記事を参考にしてください。

オブジェクトを選択してスクリプトを実行すると、縦横サイズの寸法線を描いてくれます。

f:id:two-hats:20140902224214g:plain


Ctrl or Commandキーを押しながらだと、アートボードの外に描いてくれます。

f:id:two-hats:20140902224307g:plain



「相対座標.jsx」のスクリプトと組み合わせると指示図が簡単に作成できます。

f:id:two-hats:20140902224602g:plain

  1. スクリプトで縦横サイズを描く
  2. スクリプトで相対座標を描く
  3. アートボードサイズを変更して体裁を整える。
  4. PDFなどにして配布する。

(不要な線は適宜削除してください)


※このスクリプトでは1px以内の誤差がでるときがあります!
前回同様、まだ1px以内の誤差ができてしまうときがあります。
その点をご了承の上ご使用下さい。


幾つかスクリプトを作成して思うことですが、スクリプト自体を実行するのが少々手間です。
プラグインの形式にできれば良いのですが、Javascriptで作成できるのはスクリプトだけです。。。
せめてスクリプトの実行をアクションに登録できればいいのですが、今のところそれもできないようです。
Javascriptでもプラグイン作成できるようにしてほしいです。

CCからJavascriptでもパネル形式のプラグイン作成できるようになったそうです。